31/08/2020 10:00 GMT+7 Email Print Like 0

第52回ASEAN経済閣僚会合の記者会見

(VOVWORLD) - 30日午前、ハノイで、ベトナムのチャン・トゥアン・アイン商工大臣の主宰の下で、8月22日から29日にかけてオンライン形式で開催された第52回ASEAN経済閣僚会合と関連会議の結果に関する記者会見が行われました。

記者会見で、アイン大臣は、今回の会合で最も重要な成果は、閣僚らがASEAN議長国を務めているベトナムの提案の展開を促進することで一致したことであると述べ、その中で、「ASEAN国際参入指数」と「ASEAN諸国のインベンション・イノベーションセンターの連結に関する参考資料」という2つの提案は既に完成され、残りの11の提案は年末に完成される予定であると明らかにしました。

アイン大臣によりますと、会合で閣僚らは新柄コロナ収束後のASEAN経済回復に関するマスタープランの作成について話し合ったほか、ASEANと中国・日本・韓国・インド・オーストラリア・ニュージーランドの6ヵ国が加盟するRCEP東アジア地域包括的経済連携協定の締結を優先課題にすることで一致したとしています。

アイン大臣は、今回の会合でのベトナムの取り組みはASEAN諸国と相手国から好評を得たと強調しました。

なお、第52回ASEAN経済閣僚会合と関連会議では、「新型コロナによるパンデミックの影響を最大限に抑えるためのASEAN+3の行動計画」及び「新型コロナに対応するための経済連携を目指すASEANと韓国の共同イニシアチブ」が採択されました。