02/04/2016 11:18 GMT+7 Email Print Like 0

第4回ASEAN裁判官会議

1日、ホーチミン市で、ASEAN=東南アジア諸国連合の第4回裁判官会議が行われました。会議には、ベトナム最高人民裁判所のチュオン・ホア・ビン長官、ユオン・チュ・リュウ国会副議長、レ・ルオン・ミンASEAN事務局長、及びASEAN加盟10カ国の裁判官らが参加しました。
開会式で発言に立ったベトナム最高人民裁判所のチュオン・ホア・ビン長官は「会議はASEAN諸国の司法機関の最高指導者によるフォーラムであり、情報や経験の交換、相互理解の深め、多国間協力の緊密化を目指すものである。」と強調しました。ビン長官は次のように語りました。
(テープ)
「地域内の司法と法律体制の参入と連携は、法律施行に関わるコストの削減、ASEAN諸国の国民と企業に有利な条件を作り出します。また、司法体制を明白にし、投資家の信頼感を高め、各国間に資金調達と平等な競争のチャンスを与えるということです。」
なお、会議で、参加者らはASEAN司法協力枠組みの作成、ASEAN裁判所情報電子ポータル作り、司法幹部の育成などについて集中的に討議しました。
ソース:VOV