21/01/2018 10:26 GMT+7 Email Print Like 0

第26回APPF ハノイ声明を採択、閉幕

20日午後、ハノイで開催中のAPPF=アジア太平洋議員フォーラムの第26回総会は、ハノイ声明を採択し、閉幕しました。

3日間にわたって行われた今回の総会は、世界と地域の政治・安全保障が複雑に推移している背景の中で、平和・安定・安全保障の維持は持続可能な開発にとって最も重要な基盤であるとの見解で一致しました。

経済協力について、アジア・太平洋地域の全面的な経済連結、及び包括的かつ公平な多国間貿易づくりに取り組むと公約しました。また、今回の総会は先進国に対し、持続可能な開発のための2030アジェンダの実現と、気候変動対策を目指すパリ協定の展開について発展途上国をさらに支援するよう呼びかけました。

閉幕式典で発言に立ったベトナムのグエン・ティ・キム・ガン国会議長は次のように語りました。

(テープ)

「第26回総会は、今までの総会で達成された成果を活かした上で、アジア・太平洋議員フォーラムの指針や目的の実現に大きく貢献しました。総会で採択された決議や、実施された協議などは、アジア・太平洋地域の平和・安定・安全保障、そして、持続可能な開発に対する各国の議会の重要な役割を示しています。」

このように語ったガン国会議長は、今回の総会で採択されたハノイ声明は、「アジア・太平洋地域の議会関係の新ビジョン」をテーマとしたもので、フォーラムの新しいビジョンづくりに重要な意義を持っていると強調しました。また、ベトナム国会は同フォーラム加盟国の議会と協力し、フォーラムの決議などを実行に移す為に全力を尽くしてゆくと明らかにしました。

一方、来年の第27回総会を開催するカンボジア上院議員のテップ・ゴーン副議長は次のように語りました。

(テープ)

「今回の総会の成功は、開催国ベトナムを始め、加盟国の大きな貢献による物です。この成功は、加盟国の責任感と、地域協力の促進を目指す政治公約を示しています。カンボジアは第27回総会の開催国として、次回の総会の成功のために全力を尽くしてゆきます。」

閉幕式典後、第26回総会の結果を知らせる国際記者会見が行われました。
ソース:VOV