22/11/2017 11:30 GMT+7 Email Print Like 0

第13回ASEM外相会議が始まる

20日午前、ミャンマーの首都ネピドーでアジアと欧州の51カ国と2機関が参加するアジア欧州会議(ASEM)外相会合が2日間の日程で始まりました。
ベトナムからはファム・ビン・ミン副首相兼外相率いる代表団が臨みました。「平和と持続可能な発展のためのパートナーシップの強化」をテーマにした会合では持続可能な開発のための目標の展開や気候変動対応、災害管理、食糧、エネルギー、水資源の安全保障、発展格差の是正などに関する3の討論会が行われます。
会合で、ミン副首相兼外相は「平和と持続可能な発展との調和」と題するスピーチを行う予定です。また、今回の外相会合で議長声明や2017年~2019年期の行動計画などが採択されます。第13回ASEM外相会合は来年10月、ベルギーのブリュッセルで開催される予定の第12回ASEM首脳会議を準備するため、行われたものです。

なお、ベトナムはASEM原加盟国のひとつであり、アジア・欧州協力で主体的役割を発揮しています。20年間を経て、ベトナムはASEMの能動的かつ責任感のある加盟国として活躍してきました。2005年、ベトナムはASEM首脳会議を成功裏に主催しました。
ソース:VOV