31/01/2019 09:51 GMT+7 Email Print Like 0

科学技術の発展に向けたメカニズム構築

去る1月29日、ハノイで、グエン・スアン・フック首相は、多くの分野で活躍している300人の科学者と懇親会を行い、ベトナムの科学技術発展事業について意見に耳を傾けました。
科学技術の発展に向けたメカニズム構築    - ảnh 1
席上、フック首相は、「ベトナムの知識人や科学者は国の刷新と発展事業の成果に大きく寄与してきた。党と国家は常に、知識人、科学者の役割を重視している。」と明らかにしました。
知識人に対し国の発展事業に寄与してもらいたい。
2019年に、ベトナム政府は「「綱紀・清廉・行動・創造・突破・効果」という行動方針を掲げています。フック首相によりますと、ベトナムは、迅速かつ持続可能に発展されるためには、知識人の知恵を強く発揮すると共に、ベトナム人の創造力を活用する必要があります。これは、科学技術者にとって試練でありながらチャンスでもあります。
科学技術の発展に向けたメカニズム構築    - ảnh 2
また、フック首相は、ベトナム国内外で活躍している知識人たちに「高所得国になる」というベトナムの渇望に寄与するよう期待しました。

「皆さんは、いずれも渇望について触れました。私たちが、さらにはっきり言いたいのは、強固な国を発展させ、問題解決に全力を尽くし、全党・全国民の発展事業に知識人、専門家、科学者の知恵を活用するということです。ベトナムは、2045年までに、高所得国になるという目標を掲げています。この目標を達成するためには、全ての知識人の貢献が必要とされています。」
その精神で、フック首相は、ベトナムの知識人や科学者に対し、気候変動、エネルギー安全保障、健康ケア、農業農村開発などの具体的な分野に集中的に知恵を注ぐようと期待しています。
科学技術の発展に向けてメカニズムを完備させる
懇親会で、科学者らは、ベトナムの党、国家が常に、知識人、科学者を重視していることを高く評価しました。特に、フック首相が知識人との接触や対話を頻繁に行ってきました。これらのことは、知識人、科学者が国の発展事業に貢献するための重要な激励となっています。一方、フック首相は、「ベトナム政府は、科学技術の発展の為に、今後も財政や経済政策を刷新してゆく。」と明らかにしました。

「この懇親会には国内外のベトナム人知識人4百万人を代表する300人の教授や博士が出席しました。それぞれの人が、祖国の発展事業のためのアイディアを出すだけでも、ベトナム人知識人のものすごい知恵を集めることができます。私自身は、これからも、科学者からさらなる多く意見や提案を耳に傾けたいです。」
このように述べたフック首相は、「国内外で活躍するベトナム人知識人は急速に発展している。これは、極めて大きな潜在力である。ベトナムの党と国家は、常に、国の発展事業、ベトナムの地位向上などにこの重要な潜在力を良好に活用したい意向にある。」と強調しました。
ソース:VOV