14/08/2019 11:29 GMT+7 Email Print Like 0

祖先の宝塔

ハノイの中心から30km離れたバックニン省イエンフォン郡ヴァンモン町マウサー村のあるタインクアン寺は、民族の起源とベトナム文化と仏教の結合を表わしたダイ・ビーキムクオン宝塔で有名である。
タインクアン寺に建立されたコックトゥオンリントゥー神殿は、フン王と各歴代将軍を祀る場所である。1947年に、コックトゥオンリントゥ神殿はフランス軍によって焼かれた。
2000年まで、マンサー町の人民たちはコックトゥオンリントゥー神殿を復元した。2012年から、Hanaka グループ、地方指導者たち、地方人民はタインクアン寺を復元し、15層のダイビー塔を建設した。



タインクアン寺の中におけるダイビーキムクオン塔。撮影:クアン・ロン


ダイビーキムクオン塔の各階には像、金箔の銅鐘がある。撮影:クアン・ロン


ダイビーキムクオン塔における涇陽王 の像(フン王の祖父)。撮影:ヴィエット・クオン


タインクアン寺のダイビーキムクオン塔における158体の金箔の像の一つ。撮影:クアン・ロン


ダイビーキムクオン塔のステンドグラス。撮影:ヴィエット・クオン


ダイビーキムクオン塔の最大の金箔の鐘。撮影:クアン・ロン


金箔の小さな鐘は、電動式の金を打つ装置が付いている。撮影:ヴィエット・クオン


ダイ・ビー・キム・クオン塔の鐘を打つ自動的なシステム。撮影:クアン・ロン


ダイ・ビー・キム・クオン塔の鐘を打つ自動的なシステム。撮影:クアン・ロン


タイン・クアン寺の外に置かれる像。撮影:クアン・ロン

タインクアン寺の外に安置された100体の像の一つ。撮影:クアン・ロン


世界記録連盟はタインクアン寺のダイ・ビー・キム・クオン塔のために、世界記録証明書を授与する。撮影:資料

現在、タインクアン寺のダイ・ビー・キム・クオン塔は仏像、フン王時代からホーチミン主席の時代における大将の像、民族英雄の像を含む158体の金箔で葺かれた像がある。
そのほかに、タインクアン寺のダイ・ビー・キム・クオン塔は鐘を打つ自動システムで、108個の金箔の鐘がある。

タイン・クアン寺のダイ・ビー・キム・クオン塔は鐘はベトナム仏教の伝統的な価値を表現するばかりでなく、若者たちが民族の起源、祖先の貢献、国建設事業を記憶し、教育することに貢献を果たす。


バックニン省イエンフォン郡ヴァンモン町におけるダイ・ビー・キム・クオン塔、トゥオンコック神殿は、最多の名将、民族の英雄を祀る場所、最大の金箔の銅鐘がある場所に関する記録など、7つの世界記録、1つのギネス記録を持っている。
文、写真:クアン・ロン(Khanh Long)、ヴィエット・クオン(Viet Cuong)