22/09/2020 10:15 GMT+7 Email Print Like 0

社会批評に貢献、ベトナム映画協会

 21日午前、ハノイで2020年~2025年期のベトナム映画協会の全国代表大会が行なわれました。
社会批評に貢献、ベトナム映画協会 - ảnh 1
席上、ブ・ドク・ダム副首相は発言に立ち、「このおよそ70年間、ベトナム映画部門は絶え間なく発展し、ベトナム文化の発展と人づくりを中心に祖国の建設防衛事業に大きく貢献してきた」と強調しました。ダム副首相は大会に対し、道徳と才能を兼ね備え、ベトナム映画部門の要求に応えられる新任期の執行委員会を選出した上で、映画部門従事者とアーチストの責任感、創造力を発揮させるよう要求し、次のように語りました。

「ベトナム映画協会は社会政策の策定や社会批評と社会問題に関する議論・提言に積極的に参加し、映画をはじめ、芸術の発展に有利な環境を作り出す必要があります。各省庁、中でも文化スポーツ観光省と各レベルの地方行政当局は映画部門と協力し、映画部門の発展に便宜を作り出すよう求めます。」
なお、大会では映画協会の15人からなる新任期の執行委員会が選出されました。
ソース:VOV