10/01/2019 09:22 GMT+7 Email Print Like 0

石炭・鉱産物グループ、石炭供給を促進

9日、ハノイで、TKV=ベトナム石炭・鉱産物グループは2019年の計画を展開する会議を行い、チン・ディン・ズン副首相らが参加しました。

会議の報告によりますと、今年、同グループは、生産コストの削減、生産性と競争力の向上を目指し、技術刷新や、機械化、自動化の促進を中心に、2017~2020年期における再構築計画の実施を進めていく方針です。

会議で発言に立ったズン副首相は、「当面、TKVはこれまで締結されてきた契約に従って、石炭生産量を確保する必要がある」と要請しました。

また、「電力部門が2019年に5800万トン、2025年に9000万トン、2030年に1億3000万トンの石炭を必要とすることから、TKVは環境を保護しながら、その需要を満たさなければならない」と指示しました。
ソース:VOV