22/09/2018 09:08 GMT+7 Email Print Like 0

益々緊密になる越・日友好関係

9月21日のベトナム・日本国交樹立45周年記念日にあたり、21日午前、ホーチミン市で、同市人民委員会は記念式典を開きました。 河上 淳一総領事、越日関係発展に寄与してきた個人に表彰状を授与 式典で挨拶に立ったホーチミン市人民委員会のレ・タン・リエム副委員長は「ホーチミン市は、戦略的なパートナーと信頼に足る友人である日本との広範でかつ実質的な関係を強化したい意向にある」と明らかにしました。 現在、ホーチミン市は、日本の7地方と友好協力関係を結んでいます。特に、双方は文化交流や、草の根外交、人材育成などの活動を積極的に行ってきたということです。 一方、在ホーチミン市日本総領事館の河上 淳一総領事はベトナム語で次のように強調しています。 「ホーチミン市は、ベトナムと日本との関係発展のシンボルであると言えるでしょう。日本政府のODA政府開発援助に用いられる多くのプロジェクトは、ホーチミン市の住民の生活に直接繋がっています。例えば、チョーライ病院、都市鉄道、交流活動などです。在ホーチミン市日本総領事館は、引き続きホーチミン市との良好な関係を強化してゆきます。」 ソース:VOV