28/01/2015 17:15 GMT+7 Email Print Like 0

現在のハノイ

2014年、ハノイは、ウェブサイトTrip Advisorの中で、世界の有名な旅行先として、昔からの伝統的な建築と現代の建築の特徴を持つ都市として、10点のレベルで8点であると評価された。実際、外国人は、ハノイについて、そう思っている。
サイゴンのロシアの市場
ホーチミン市の中に賑やかなロシアの市場がある。この数年間、ロシアの市場は、ベトナム各企業とロシア連邦との企業間の流通センターになった。同時に、ロシアの市場は、ベトナム人と外国人と交流し合い、文化習慣を理解する場所である。
商人たちによると、ホーチミン市におけるロシアの市場は、総合百貨店会社(第1地区、)により、1989年に生まれた。1991年、ソ連の政治激変により、この市場の活動は止めた。2009年、トンリンザン株式会社はCentral Gardenビル(ヴォー・ヴァン・キエット通り)にロシアの市場を再開した。
現在のロシアの市場は、3階まであり、市場における製品は、多様であり、ファッション製品、服飾品、革鞄、家庭用品などの製品を売る。

Bepaファッション店の所有者グエン・ティ・トゥイ女史は「私はこの24年間に、ロシア、東欧諸国に輸出される服を経営してきました。以前、私は第1地区にある東欧ブティック に、衣服を売りました。ロシアの市場が設立したときから、この市場で経営しています。ロシアの市場は外国人のための大きなサイズの衣服を販売する2つの店があります。ロシア人は親しみやすく、フェアーな人です。」と言った。

ホーチミン廟を訪問している観光客。撮影:ヴィエット・クオン

ハノイの通りでの、龍の舞を観賞している外国からの観光客。撮影:チャン・タイン・ザン
ベトナムの最初の大学の文廟-国子監は、外国人の観光客に人気がある。撮影:チャン・タイン・ザン

チャンクォック寺。撮影:タット・ソン
3世紀前のロンビエン橋。   撮影:チャン・タイン・ザン

シクロに乗っている観光客。   撮影:チャン・タイン・ザン

ハンバック通りにおける銀細工を見学している外国からの観光客。 撮影:トン・ティエン
多くの外国からの観光客が集まるタヒエン通り。撮影:チン・ヴァン・ボ
マーマイ通りを訪問している外国の観光客。  撮影:チン・ヴァン・ボ
ハノイ旧市街で販売される料理を賞味している観光客。撮影:チン・ヴァン・ボ
ハノイ旧市街でビールを飲んでいる観光客。撮影:チン・ヴァン・ボ
ハノイで民族の音楽を聴いている観光客。撮影:チャン・タイン・ザン

«
    調査によると、2014年の最初の6ヶ月で、延べ107万3千人の観光客がハノイを訪問し、2013年より25,8%増えた。»
私たちと、アメリカ人のサムさん、ブラジル人のウィリアムさん、チリ人のモニカと共に、ハノイの旧市街を訪問した。そのハノイの旧市街の賑やかな空気と、そこで販売されている料理に関心が集まった。
2時間後、私たちはタヒエン通り、ルオンゴッククエン通り、ディンリエット通りで、ビールを飲んだ。その時、スペインの女性のテラサさんと会った。テラサさんは、ハノイの旧市街を散歩することと、ビールを飲むことが趣味であり、「ハノイの人々は、親切ですから、熱烈な歓迎を受けたと思いました。明日、10年間ハノイに住んでいる親戚を訪問します。」と述べた。
夜、私たちは、互いに離れた。その後、サム氏、Williamウィリアム氏、モニカ女史は帰国した。私は、テセラ・ロメロ女史とともに、彼女の親戚を訪問した。
ハノイは、私の第2の故郷である
私は、ロメロ女史と、タイ湖地域における彼女の親戚の家を訪問した。私たちは、体操する外国人、市場へ行く外国人たちとであった。この数年間に、多くの越僑たちと外国人は、ハノイで働くので、外国人のための別荘の数は増えた。
私は、ロメロ女史と、彼女の親戚- スペイン人の有名なファッションデザイナーであるDiegoの家に着いた。彼は、ベトナムのシルクに興味を持ち、ベトナムの大きなファッションイベントに常に参加する。
Diego氏の家の空間はベトナム風の空間である。彼の家はベトナム人の信仰する祭壇がある。家の空間は、数多くのベトナムのアオザイがある。特に、彼の家の中には、自分で撮った多くのハノイについての写真がある。



Diego氏の家の建築と装飾は、ベトナム風である。   撮影:チャン・タイン・ザン
Diego氏の息子と娘。撮影:チャン・タイン・ザン

ベトナムに長期に住んだので、Diego氏は、ベトナム人文化に慣れている。
撮影:チャン・タイン・ザン

外国人の友達はDiego氏の家をよく訪問する。  撮影:チャン・タイン・ザン

Diego 氏と奥さんは、ベトナム人の衣装文化について、お客と話す。
撮影:チャン・タイン・ザン

Diego氏は文廟において行われたベトナムファッションプログラムに参加した
撮影:チャン・タイン・ザン

Diego氏によると、2004年、彼と奥さんであるLaura Fontan Pardo女史は、ハノイで働くお兄さんを訪問した。彼女らはハノイを愛した。彼と彼女はChulaファッションブランドを創り、ハノイに住むことを決定した。

ハノイに来た当時、近隣の人達はDiego氏と奥さんが新たな生活に溶け込み、言語を勉強することを援助した。彼の三人の子供たちは、ハノイで生まれた。の三人の子は、ベトナム語で、話せ、ベトナム人の友達がいる。

ハノイに住む事10年、Diego氏の家族はベトナム人のように生活する。彼の家族はベトナム料理を食べ、ベトナム人と働く。彼の家族は陰暦の正月を迎えることに興味を持つ。

ハノイに住む10年間、Chula家は、写真展やコンサート、ファッションショーを通じて、ベトナム人と外国人との文化交流の場所になっている。

ディエゴ氏の家を訪問するとき、私たちは彼の奥さんの誕生パーティーに参加する機会があった。ディエゴ氏の家族の友達はスペイン人、日本人、イタリア人、イギリス人、ベトナム人がいる。

彼の奥さんの誕生パーティーにおいては、人々は仕事、生活について、話す。私たちはChula家における多様な生活を感じる。ディエゴ氏にとっては、ハノイは多くの思い出があり、第2の故郷である。


リー・タイ・トー王の記念碑にて行われた、「親しいベトナムのために、微笑む」のイベントに参加する。
撮影:コン・ダット

ハノイ市民たちと、体操する外国人の観光客たち。 撮影:コン・ダット
朝、タイ湖周辺に住む外国人は、ヨガ体操をする。 撮影:タット・ソン


彼の子供と両親は、ハノイの生活に早く慣れる。
撮影:チン・ヴァン・ボー



文:ガン・ハー、 
写真:チャン・タイン・ザン、タット・ソン、トン・ティエン、チン・ヴァン・ボー、コン・ダット