22/11/2017 11:30 GMT+7 Email Print Like 0

現代仏教美術展が始まる

2017年~2022年期の第8回仏教全国代表大会を祝うため、19日夜、ハノイで、ベトナム仏教協会・中央文化委員会は現代仏教美術展を開催しました。

美術展には仏教徒や画家、彫刻家60人あまりの絵画や彫刻品51点が展示され、仏教の価値を讃えています。これらの作品は主に2010年から2017年までの期間に創作され、絹や木材、ガラス、銅、油彩などが材料となって、観客に深い印象を与えています。

他方、20日午前、ハノイで、ベトナム仏教協会中央委員会は仏教の成果に関する展覧会を開催しました。

展覧会で、450点の写真が展示され、2012年から2017年期、仏教協会管理委員会や仏教学院などが収めてきた重要な成果を紹介しています。
ソース:VOV