17/07/2018 11:34 GMT+7 Email Print Like 0

物理学に関する国際会議始まる

「ベトナムとの集い」という国際科学会議はベトナムの科学技術の研究・開発に積極的に貢献していると評価されています。 16日、中部沿海ビンディン省クイニョン市で、物理学に関する国際会議が開幕しました。これには、アメリカなど世界20カ国から100人の科学者が参加しています。 今回は、「トポロジカルフェーズにおける固体物理学と高エネルギー物理学」、および、「ニュートリノ物理学の境界」という2つのテーマがありますが、これらは、素粒子物理学や、天体物理学、核物理学、宇宙科学の研究に役立つとされています。 20日まで開催されるこの会議は、「第14回ベトナムとの集い」という国際科学会議の一環です。 ソース:VOV