19/11/2021 11:09 GMT+7 Email Print Like 0

法律制定に際し実状を見極めるべき=チン首相

18日、ファム・ミン・チン首相の主宰により、法律制定を協議する政府会議が行われました。
法律制定に際し実状を見極めるべき=チン首相 - ảnh 1写真提供: Tran Hai
席上、価格法改正案、医療保険法改正案、社会保険法改正案、電子取引法改正案、保管法改正案、マネーロンダリング防止法改正案に対する意見集約が行われました。チン首相は出席者らに対し、実状を見極めた上で、これらの法案の制定に適切な意見を提出し、法律システムの完備に貢献するよう求めました。
医療保険法改正案についてチン首相は次のように語りました。


「社会公平を確保し、国民皆医療保険制度を目指しています。また、医療保険を社会保障と連携させ、保険市場の公開性と明確性を向上させなければなりません。さらに、社会保障に関する第13回党大会決議と国民の健康増進に関する第12期党中央委員会決議20号を法制化し、診療治療活動への民間医療施設の参加を確保するとともに、医療分野でのデジタル転換を推進する必要があります。」
ソース:VOV