26/03/2021 10:55 GMT+7 Email Print Like 0

機械装飾製作を起業

若いグエン・トゥアン・アインさんは、起業に失敗するのではないかと何度も心配しましたが、サイゴンで有名な芸術的機械装飾製品のオーナーになりました。
グエン・トゥアン・アインさんはダ・ラット市の出身で、勉学と仕事のためにサイゴンに行きました。彼は大きな眼鏡をかけ、ギザギザの髪の毛をした35歳の男性で、新しい物や自由が大好きなミュージシャンのようです。

トゥアン・アンさんは自身のアートへの情熱をビジネスに活かすいい方法を見つけました。 「初めて機械装飾製品を製作する道を歩き始めた時、多くの困難に直面しました。この仕事はまったく新しいものなので、私は自分自身で市場を作る必要がありました」とトゥアン・アンは語りました。ソーシャルネットワーク上のビデオを通じてアイデアを学び、いくつか素晴らしいアイデアがありましたが、トゥアン・アン自身の基準に合っていると感じたものをより洗練させました。機械について学んだことはなかったし、技術的なことも得意ではありませんでしたが、論理に強く、芸術的な血を持ってはいました。




トゥアン・アンさんの作業机。


再使用される壊れたチェーンギア。


二輪車のチェーンは機械的な装飾製品に欠かせない素材。


ガソリンで壊れたエンジンをきれいにするトゥアン・アンさん。


「機械装飾」または「機械インスタレーション」の原型。


壊れたエンジンを自分の好みに応じて成形。

機械的な装飾製品の製作で最も難しいのはアイデアと配置。


非常に繊細で芸術性が求められる配置。


互いにちょうど噛み合わなければならない各ギア。


互いにちょうど噛み合った各可動ギア。


機械的装飾製品をより堅固にするためのハンダ付け。


製品のペイント。


組み立てが完成した一つのブロック。

原材料は自動車やバイクの部品で、それぞれの購買ルートから手に入れます。捨てられたものをリサイクルするために油、グリースで汚れをきれいに取り除くことから始めます。その後、製作者のフレームに合うように再研磨、カット、ファイリングされます。
彼は機械装飾品の製作で最も難しいのはアイデアだと言いました。アイデアが湧いてきた時、図面を必要とせず、標準的なレイアウトも必要としません。すべては彼の頭の中にあり、それを手で組み立て、目でそれを感知します。


「機械は実際には乾燥してはおらず、彼らには魂があり、無生物ではないと多くの人々は考えている」。
「芸術的な機械装飾作品は通常、静的と動的の2つの部分で構成されています。歯車をエッジの隣に配置する場合、動かせるように接続する必要があります。冷却タンク、燃料タンク、ネジ、ビスは科学的および視覚的に美しいトータルな作品の製作をアレンジするために添えた静的なパーツです」と彼は述べました。

設立後、二年以上経ち、これまで彼は何百もの製品を顧客に提供してきました。彼はまた、自動車業界に新しい装飾トレンドを生み出し、かなりの数の人々に支持されています。
トゥアン・アンさんは「署名のない製品は、私にとって美しさが本物でなく、自分自身が納得できる物ではありません。最近、製品に名前が刻印され、より高級で価値のある製品になりました」と述べています。したがって、彼が製作した各機械装飾製品は、最も安い価格で60万ドン、最も高い価格では数億ドンの価値があります。


トゥアン・アンの優れた機械的装飾製品:



















 
文、写真:トン・ハイ(Thong Hai)