09/01/2019 10:37 GMT+7 Email Print Like 0

検察部門 2019年の任務を展開

 8日、ハノイで、最高人民検察院は、2019年の任務を展開する会議を行いました。会議には、グエン・ティ・キム・ガン国会議長、チュオン・ホア・ビン副首相が出席しました。

会議で発言にたったガン議長は、検察部門は、党と国家の政策・路線、及び、司法分野に関する国会の決議の展開を徹底させた上で、検察活動の質的向上を図る必要があると求めました。ガン議長は次のように語りました。

(テープ)

「検察部門は、大きな汚職事件を始め、社会の注目を集めている事件の捜査・公訴提起を促進させなければなりません。また、汚職事件に関わる財産の回収を目指す効果的な措置を講じる必要があります。また、最高人民検察院の捜査機関の能力を向上させ、司法部門の汚職を未然に防ぎ、国民の信頼を強化することも重要な任務です。」

このように語ったガン議長はまた、検察部門に対し、「国際協力を強化し、越境犯罪の防止に効果的に対応するよう」求めました。

ソース:VOV