18/02/2021 15:53 GMT+7 Email Print Like 0

森の神を崇拝するモン族

毎年、テトが来て春が来ると、ハザン省ヴィ・スエン県のモン族は、ベトナム民族文化観光村(ハノイ)に住むモン族と一緒に森の神を崇拝する儀式を行ないます。
モン族は各森が森の神によって統治されていると信じています。 森の神を崇拝することは、村人が健康を維持し、豊かな作物を栽培し、良い作物を手に入れ、特に意識を高め、すべての人を養う源である森を保護する助けとなります。

モン族は一年の最初の日が最もきれいな日だと考えているため、テトに森の神を崇拝します。式典当日、人々は礼拝所に供物を持ち込みます。この場所は一族の儀式に精通し、評判の良いシャーマンによって選ばれます。森の神へは山羊、鶏肉、豆腐、バインチュンなどを供えます。

 

森の神崇拝の儀式で紙を燃やすシャーマン。
撮影:ヴィエット・クオン


生け贄の儀式で生け贄の動物の毛を燃やすシャーマン。
撮影:ヴィエット・クオン



鶏肉は非常に重要な動物で、モン族のすべての精神的活動に不可欠。
撮影:ヴィエット・クオン



地面に酒を撒くシャーマンの儀式。
撮影:ヴィエット・クオン



儀式を準備するモン族の女性。
撮影:ヴィエット・クオン



森を崇拝する儀式はモン族の生活の中で重要で、
モン族は森は食料を提供し、水を保ち、命を守ると考えている。
撮影:ヴィエット・クオン

 

森の神を崇拝する儀式には誰でも参加できますが、儀式に直接参加できるのは男性だけです。モン族の儀式は生の礼拝と熟の礼拝の2つの部分に分かれています。生け贄は、まだ生きている動物を神々に提供することであり、生け贄の魂を受け取るために、森の神の祭壇の前で動物を変身させなければなりません。生の部分では、儀式のために線香を焚いた後、祭壇の焚き香棒で生け贄の動物の毛を焚くことで生まれ変わります。それから、由緒あるシャーマンは生け贄の魂を受け取る来るように森の神を招く内容の祈りを捧げます。生け贄を供える部分が終わると、動物はニ回目の供え物の儀式を行うために、熟成処理が施されます。

儀式の誓いの中で、シャーマンは森の神を招き、供物を受け取り、その年の村人の願いを唱えます。 礼拝の儀式はシャーマンが生け贄の気を含むすべての紙を奉献し、祭壇が置かれている神聖な木に酒を注ぐと終了します。

儀式の後、人々はしばしば崇拝者が森の神聖さについて古代の神秘的な話をするのを聞きます。支配する森の神が自分たちを擁護し、援助してくれると誰もが信じています。
モン族の伝統的な儀式だけでなく、森の神を祀る儀式は非常に重要な意味を持ち、森林の保全と保護、そして持続可能な生活環境の保護に対する人々の意識を高めることに貢献しています。