09/10/2018 10:07 GMT+7 Email Print Like 0

朝日放送、ベトナム国内向け映画製作合弁会社を設立―グループ初

朝日放送グループホールディングス株式会社(大阪市福島区)と同社100%子会社の株式会社ABCフロンティアホールディングス(東京都中央区)は1日、ベトナムのMBCメディアエンタテインメントとの合弁で、ベトナム国内向けの映画製作事業を手掛ける「MBSスタジオ(MBC Studio)」をホーチミン市3区に設立した。

MBSスタジオの資本金は300億VND(約1億4900万円)で、株主と持株比率はMBCメディアエンタテインメントが66.67%、朝日放送グループホールディングスが30%、ABCフロンティアホールディングスが3.33%。ABCグループ全体での持ち株比率は合わせて33.33%となる。

MBSスタジオが製作した劇場映画第一弾「ひと夏の初恋(Ha cuoi tinh dau)」は既に4月にベトナムで公開され、日本でも日越外交関係樹立45 周年記念事業の「ベトナム映画祭2018」で上映されている。

MBSスタジオは、親会社でタレントマネジメント事業も展開するMBCや、関連会社のテレビ番組制作会社マック・アンド・サンク・ベトナム(MCV)、映画館シネボックス(CINEBOX)とも連携を図り、コンテンツの多面的展開を目指す。将来的には周辺諸国への展開も視野に入れ、ABCグループによるサポート体制も組んでいく。
ソース:viet-jo