31/12/2019 10:09 GMT+7 Email Print Like 0

日本外務大臣、ベトナムを訪問

1月5日、日本の茂木・敏充外務大臣はベトナム、対、フィリピン、インドネシアの東南アジア4カ国歴訪を開始します。
この訪問で茂木大臣はベトナムの指導者らと会談、会見を行ない、日本とベトナムとの地域と国際場裏での連携や二国関係の強化、日本への外国人労働者の受け入れなどについて協議する予定です。また、日本が掲げる「自由で開かれたインド太平洋」構想に基づく法の支配や自由経済重視などでの協力を確認するとしています。

5日~7日までのベトナム滞在中、茂木大臣はホーチミン廟を訪れ、英雄烈士記念塔に花輪を捧げるほか、ファム・ビン・ミン副首相兼外相やチャン・トゥアン・アイン商工大臣らと会見し、ベトナムに対する日本のODA政府開発援助の供与に関する合意書の調印式に立ち会う予定です。
ソース:VOV