03/03/2020 09:57 GMT+7 Email Print Like 0

日本企業にベトナムでの投資拡大を望む

28日午後、ハノイで、グエン・スアン・フック首相は、在ベトナム日本大使館の梅田邦夫大使、及び、イオンモールベトナムの岩村康次社長と懇談しました。

席上、フック首相は、「ベトナムと日本の広範な戦略的パートナーシップは最盛期にある。ベトナムは、益々多くの日本の企業に対しベトナムでの投資拡大を行うよう期待している。」と明らかにしました。また、フック首相は「ベトナムは、日本を含む各国の投資家に有利な条件を作り出すため、投資経営環境の改善を促進し続ける。」と強調しました。

一方、梅田大使は、「ベトナムは、イオンを含む日本の経済グループの経営戦略の中で重要な役割を果たしている。」と強調すると共に、フック首相とベトナム政府に対し、ベトナムで投資活動を効果的に行うため、引き続き日本の各企業に関心を寄せるよう提案しました。

なお、岩村氏は、「イオングループは、ベトナムにおいて投資を拡大する方針がある」と明らかにしました。
ソース:VOV