12/04/2019 10:43 GMT+7 Email Print Like 0

日本人の投資家は多いベトナム不動産市場についての情報を知らない

日本投資家は多いベトナム不動産市場についての情報を知らない。このことは4月10日に、福岡県で、TMSグループにより開催された投資促進セミナーに、提出された。
投資促進セミナーにスピーチをする服部 則夫氏―在ベトナム日本元大使。
撮影:ダオ・トゥン(Dao Tung)-ベトナム通信社
投資促進セミナーのエリアにおいて、ベトナム通信社の新聞記事のインタビューに応じるとき、ジャパン企画設計会社社長である原 澄雄氏によると、日本人にとっては、ベトナムは東南アジア地域においては、トップの投資目的地である。しかし、彼はベトナム不動産市場についての情報を知らない。それで、原 澄雄氏にとっては、TMSグループによりセミナーはベトナムにおける不動産市場についての多い情報を提供する。
グエン・フオン・ホン(Nguyen Phuong Hong)女史・日本の福岡の総領事はこの数年間に、ベトナム経済に関するよい結果について、話し、同時に、ホン女史は在ベトナム経営潜在力を表現する日本貿易振興機構(JETRO)と(Eurocham)欧州商会の統計データについて話した。服部 則夫氏・在ベトナム日本元大使によると、アジア諸国においては、ベトナムは日本と数多くの適当な特徴がある。ベトナム人は勤勉で、濃厚な人である。ベトナムにおける日本会社と日本人数量は日増しに増える。日本に住むベトナム人数量は早く増える。このことはベトナム・日本友好関係を促進するためのよい条件である。福岡県に、開催された投資促進セミナーはビン・トゥアン(Binh Thuan)省におけるTMS World Binh Thuan プロジェクト、クアン・ビン(Quang Binh)省におけるTMS World Quang Binh プロジェクト、タイ・グエン(Thai Nguyen)省におけるTMS World Thai Nguyen プロジェクト、バック・ザン(Bac Giang)省におけるTMS Metropolis Bac Giang プロジェクト、ヴィン・フック省におけるTMS Green Diamond プロジェクトなどのTMSグループにより実現される不動産プロジェクトに関するベトナムにおける投資環境を紹介し、パートナーを見つけるために、2019年4月8日から10日まで、TMSグループにより開催される一連のイベントの一つである。
この一連のイベントについて、話すとき、ヴ―・ヴァン・チュン(Vu Van Trung)TMSグループの指導者によると、各日本グループの投資促進活動は成功に達した。日本のトップの投資家をはじめ、約500名の投資家は日本の3つの都市に、投資促進セミナーに出席した。各投資家は不動産、医療、農業、教育分野に関するTMSグループの各プロジェクトに関心を持った。将来、いくつかのパートナーは各プロジェクトを実現するために、TMSグループと討論する予定である。
2004年に樹立されたTMSグループは人力教育分野で、起業した。現在、TMSグループは全国とオーストラリア、日本などの各国家における数十つのメンバー会社で、他分野の経済グループである。

文、写真:ダオ・トゥン(Dao Tung)、タイン・ヒュー(Thanh Huu)(ベトナム通信社)