10/10/2018 10:25 GMT+7 Email Print Like 0

日本メディア:フック首相の訪日を報じる

8日、日本のマスメディアは、日本・メコン首脳に出席する為、日本を訪問中のグエン・スアン・フック首相と安倍晋三首相との会談を伝えました。
日本メディア:フック首相の訪日を報じる - ảnh 1両首相の 会談後の共同記者会見=Thống Nhất – TTXVN 
共同通信は、「外国人材受け入れ拡大へ連携」をタイトルにしたニュースの中で、「安倍晋三首相は8日、ベトナムのフック首相と官邸で会談し、日本が進める外国人材受け入れ拡大に向け、ベトナム人への日本語教育推進で連携する方針で一致した。中国による南シナ海の軍事拠点化をにらみ、海洋政策での協力強化も改めて申し合わせた。」と伝えました。また、会談後には、両首相はベトナム農水産物の安全確保に向けた無償資金協力に関する合意文書の交換式に立ち会いました。そして、安倍首相は共同記者発表で「日本語教育などを通じて人材育成と交流を推進する」と強調しましたが、フック氏は「ベトナムの質の高い人材育成や大規模インフラ整備での協力を確認した」と述べたということです。
他方、NHK放送は「TPP早期発効などで協力強化 安倍首相とベトナム首相が会談」というニュースの中で、「会談で安倍総理大臣が『両国やメコン地域全体の発展に向けて協力を推進していきたい』と述べたのに対し、フック首相は『ベトナムの発展戦略の中で、日本は非常に重要な役割を占めており、両国関係をより力強く押し上げていきたい』と応じた」と明らかにしました。そして、両首脳は自由貿易の推進に向けて、日本とベトナムなどが参加するTPP=環太平洋パートナーシップ協定の早期発効を目指すとともに、自由で開かれたインド太平洋地域を実現するため、海洋安全保障分野の協力を強化することで一致しました。
ソース:VOV