17/08/2020 11:57 GMT+7 Email Print Like 0

日本の4~6月期GDP、年率27.8%減 歴史的落ち込み

(VOVWORLD) -内閣府が17日発表した2020年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値は、前期比7.8%減、年率換算で27.8%減となりました。

新型コロナウイルスによる経済への悪影響が深まり、2008年のリーマン・ショック後を超えて日本の近現代史で最大の下落を記録しました。

減少率は、日本経済新聞が集計した民間予測の中央値、前期比7.6%減よりわずかに大きかったですが、他の先進工業国と比べるとかなり小さいです。これらの国々と比べて、日本がコロナ対策で行った人の移動や経済活動への制限が緩かったことがその一因とみられます。

それでも、比較可能な統計のある1980年以降で最大の減少率となりました。一部のアナリストは第2次世界大戦後最大の減少率だとしていますが、1980年に計算方法が変更されたため比較は容易ではありません。

日本のマイナス成長は3四半期連続です。景気後退の深まりが確認されたとともに、政府がさらなる景気刺激策を検討するとの公算が高まっています。