10/11/2017 09:08 GMT+7 Email Print Like 0

日本のマスメディア、APEC2017を報道

この数日間、日本の有力報道機関は11月6日から11日にかけてベトナム中部ダナン市で開催中のAPEC首脳ウィーク2017を報じています。

NHK、朝日新聞、産経新聞、日経新聞、ジャパンタイムズ、ジャパンニューズ、ジャパントゥデイなどは、この国際的な出来事に関するニュースや記事を伝えています。
8日付のNHKの電子版は「APEC閣僚会議 多国間自由貿易の在り方焦点に」というタイトルの中で、日本の河野外務大臣と世耕経済産業大臣がAPECの閣僚会議に出席することを明らかにした上で、「会議では、APEC域内の経済成長に向けて、公正で透明性の高い貿易ルールの整備や、多国間の自由貿易の枠組みなどについて議論される見通しだ。」と報じています。

一方、8日付の産経新聞の電子版は「APEC閣僚会議始まる ベトナム・ダナンで」というタイトルの中で、「ベトナムが議長国を務めるのは2006年以来、2回目。今回は「新たなダイナミズムの創出と共通の未来の促進」をテーマに、自由貿易の重要性を強調する。」と伝えました。
ソース:VOV