03/02/2020 10:18 GMT+7 Email Print Like 0

日本での外国人労働者 ベトナムは2位

ベトナムが、全体の24%以上にあたる40万1千人です。
日本の厚生労働省は先ごろ、2019年10月末現在の外国人雇用についての届出状況を公表しました。それによりますと、外国人労働者数は約166万人にのぼり、2008年に届出が義務化されて以降、、過去最高を更新しました。
国籍別にみた外国人労働者数では、中国も最も多く41万8千人で、25%以上を占めています。次いで、ベトナムが、全体の24%以上にあたる40万1千人ですが、前年同期と比べ、26.7%増ともなって増加速度として最高となっているとしています。
ソース:VOV