09/02/2019 09:23 GMT+7 Email Print Like 0

新春を祝う雰囲気

この数日、ベトナム全国各地で、新春を祝う様々な活動が活発に行われています。 ベトナム人にとって、テトの際にお寺参りをすることは習慣となっています。人々は、互いに、ご健康とご多幸をお祈りしあっています。古都フエ市の各寺院は、朝早くから線香を手向けるために参りする人々で賑わっています。仏教徒の1人の話です。 「お寺参りは、平安を祈願するためです。心の平安は重要ですね。また、親戚の健康、家族の幸福、国の発展も祈ります。」 チュオンサ群島でも、テトの際にお寺参りをする習慣が維持されています。人々は、果物や、お菓子などをお供え物として各寺院に持参し、良い天候や、平和、島民の幸福などを祈願します。一方、ホーチミン市民の多くはお寺参りをしてから、市内の各公園にやってきて、写真を撮ったり、美しい風景を眺めたりして、元日を過ごしました。市民の1人の話です。 「今年、人々は楽しくテトを迎えています。昨年よりも楽しいですよ。皆さんのご健康、ご多幸をお祈り申し上げます。」 他方、この数日、北部ハイズオン省の各史跡地区では、観光客で賑わっています。同省観光局によりますと、観光客数は数万人に達しています ソース:VOV