17/12/2020 10:39 GMT+7 Email Print Like 0

新常態における貿易促進

16日午前、ハノイで、ベトナム商工省は「新常態における貿易促進」をテーマにしたフォーラムを行いました。
新常態における貿易促進 - ảnh 1 フォーラムの様子
このフォーラムは、EVFTAベトナム・EU欧州連合の自由貿易協定やCPTPP包括的かつ先進的環太平洋経済連携協定など次世代の自由貿易協定が推進されている背景の中で、貿易活動を効果的かつ持続可能に強化するための措置を見出すことが狙いです。
フォーラムで発言に立った商工省貿易促進局のヴ・バ・フ局長は、次世代の自由貿易協定のメリットを活用し、ベトナムの輸出増加率を5~10%にするという目標が掲げられていると述べ、次のように語りました。

「輸出の潜在力が大きな商品は、水産物や果物、コーヒー、カシューナッツ、コショウ、ゴム、コメなどの他、繊維製品、革靴、木工製品です。そして、ソフトウエアは、この間輸出額が急増しているもので、これから輸出活動に便宜を図るべきのものとなっています。」
フォーラムで、新常態においては貿易活動を促進させるためには貿易活動をデジタル化することが重要であるという意見が多くの出席者から出されました。
ソース:VOV