06/08/2019 11:15 GMT+7 Email Print Like 0

新学年度を前に、貧しい生徒を支援

9月に始まる2019・2020学年度を前に、先ごろ、南部ビンズオン省で、CEPマイクロ財政組織は、学習で立派な成績を収めた貧しい家族出身の生徒133人に奨学金を与えました。
新学年度を前に、貧しい生徒を支援 - ảnh 1
小学校1年から4年生は150万ドン、小学校5年生から高校2年生は250万ドンの奨学金を受けました。同組織は、2019・2020学年度に、総額80億ドン(日本円で3200万円)の奨学金を2200人の貧しい生徒に与える予定であると明らかにしました。
ビンズオン労働連盟のグエン・ホアン・バオ・チャン副議長は、CEPマイクロ財政組織に感謝の言葉を述べ、同組織が今後もますます発展し、より多くの貧しい生徒を支援するよう呼びかけました。
なお、CEPマイクロ財政組織は、貧しい労働者に低金利の借款を提供しているものです。
ソース:VOV