09/05/2021 22:24 GMT+7 Email Print Like 0

新型コロナ対策: 必需品の供給を確保

新型コロナウイルス感染症が複雑に推移している背景の中で、多くの地方は、必需品の供給を確保するために取り組んでいます。 北部ビンフック省商工局は、現地にある市場やスーパーマーケットの代表と会合を行い、日用品の供給確保について討議しました。現在、各企業は、消費者に日用品を十分に供給することを公約しました。 一方、北部タイビン省商工局は、貿易センターや、スーパーマーケット、市場などでの市場状況を把握すると共に、商人たちに疫病対策や価格安定化プログラムを厳粛に実現するよう指導するため、検査部会を設立しました。 他方、ハノイ市商工局は、市内での商品の供給と消費状況を視察するため、検査部会を設立しました。現在、市内にあるスーパーマーケットは商品の備蓄量を30%~50%増やしています。特に、マスクや、手洗い石けん、手指消毒液などは、常に十分に備蓄しているとしています。 そして、ホーチミン市の商工局は、各企業やスーパーマーケットなどに石油、ガソリン、食品、食料、マスク、ハンドソープ、手指消毒液などの必需品の供給を十分に確保するよう求めました。 ソース:VOV