28/07/2020 10:43 GMT+7 Email Print Like 0

新型コロナ対策を断固とした措置

(VOVWORLD) -公共の場所や交通手段などでのマスク着用を含む社会的距離の適用は7月28日の零時から少なくとも14日間にわたって実施されます。
新型コロナウイルス感染症が複雑に推移している背景の中で、27日、グエン・スアン・フック首相は中部ダナン市に対し、新型コロナ対策に関する政府首相の指示19号に沿って社会的距離の適用を指導しました。これに基づき、公共の場所や交通手段などでのマスク着用を含む社会的距離の適用は7月28日の零時から少なくとも14日間にわたって実施されます。
ダナン市人民委員会のフィン・ドック・ト委員長は次のように明らかにしました。
(テープ)
「ダナン市は現在、新型コロナ感染者が確認された場所となりました。そこで、検査チームを設立するだけでなく、疫病の発生源を調査します。」
これに先立つ26日、ダナン市は、一連の新型コロナ対策を断固とした措置をとることを決定しました。中でも、公共の場所で30人以上集まるイベントの中止や、社会的距離の確保、14日間にわたる観光活動の停止、保育園や、小学校、中学校、高校、外国語センターなど市内にある各教育施設に対し、7月26日13時から一時休校・休止するなどの措置があります。
一方、首都ハノイや、ホーチミン市、カントー市、トアティエンフエ省、クアンガイ省、クアンニン省などは、それぞれの関連各機関、部門に対し新型コロナ対策の強化に関する公文書を出し、公共の場所でのマスク着用や、大勢の人々が集まるイベントの抑制などの措置を強化するよう求めました。その一方で、国境警備司令部は、北部のランソン、ライチャウ、カオバン、ラオカイ、ハーザン、クアンニン、及び、南部のアンザン、テイニンの各省での新型コロナ対策の緊急検査を行うため、8つの作業部会を発足しました。