04/04/2020 10:28 GMT+7 Email Print Like 0

新型コロナ、ホーチミン市で隔離の約2千人が自宅に戻る

3日、ホーチミン市で、同市の疾患監視センターのグエン・チ・ズン センター長は記者会見を行い、集中隔離状況に関する情報を提供しました。

ズン氏によりますと、ホーチミン市の隔離施設に収容されていたおよそ2千人は14日間の隔離期間を終え、2回にわたる検査で陰性の結果が出た後、隔離施設を出て、自宅に戻りました。

また、隔離施設を出る前に、コロナウイルス検査が義務付けられます。保健部門の要求に従って、これらの人々は自宅に戻った後も、14日間の隔離措置を実施し、健康状態を監視することになります。14日以内に、感染の症状が出た場合、即時に地元の医療所と連絡をとることが求められています。
ソース:VOV