03/10/2021 08:06 GMT+7 Email Print Like 0

政府の9月の月例会議 新型コロナ対応策を充実

(VOVWORLD) - 2日午前、政府の9月の月例会議が行われました。その枠内で政府と63の省・市、705の県、市、町とのオンライン会合が行われ、新型コロナへの臨機応変な対応を目指し、新型コロナへの適応や制圧に関するガイダンスについて協議されました。

会議でファム・ミン・チン首相は各省庁、地方、部門、関係機関に対し、医療システム、特に末端組織の医療施設を健全化し、「5K」原則を徹底させるとともに、ワクチン接種の加速、治療薬の使用、新型コロナ対策への人民の認識向上に力を尽くしていくよう求めました。また、疫病への対応に関する総合戦略を作成・展開し、状況を主体的に予測した上で、対応シナリオを完備し、新たな状況に見合うような新型コロナ対策を講じ、活動の再開を慎重に進める必要があるとしています。
さらに、政府と関係各省庁はできるだけ、ワクチンの輸入を加速し、国民への無料接種を行うと同時に生産技術の研究・移転を強化していると明らかにしました。

なお、年末までに、18歳以上の人口90%が少なくとも1回目の接種を終えるという目標が設定されました。