03/06/2018 11:06 GMT+7 Email Print Like 0

政府の5月の月例会議

フック首相は「5月と年初以来のこの4ヶ月の経済社会状況が前向きに発展してきた。国際諸組織もベトナムの経済展望を高く評価している。」と明らかにしました。 2日午後、ハノイで、グェンスアンフック首相の主宰の下、政府の5月の月例会議が行われました。開会式で、フック首相は発表を行い、その中で、5月と年初以来のこの4ヶ月の経済社会状況が前向きに発展してきた。国際諸組織もベトナムの経済展望を高く評価している。その中で、農業部門は大きな成果を収めた」と強調しました。 また、今後の任務として、経営投資環境の改善を引き続き強化する必要があると明らかにし、次のように語りました。 「多くの省庁は行政手続きの簡素化の実施を公約しましたが、実際に、精力に行っていないから、企業に多くの困難をもたらしています。2020年に、国内の企業の数が百万社にのぼるため、投資、経営上の障壁を撤廃しなければなりません」 このように語ったフック首相はインフレ率を4%以下に抑えるという国会が打ち出した目標を遂行する対策を講じる必要があると述べました。 ソース:VOV