01/12/2018 11:19 GMT+7 Email Print Like 0

情報セキュリティに関する国際シンポジウムに500人参加

30日、ハノイで、ベトナムの情報セキュリティの日に関する国際シンポジウムが開幕し、各省庁、部門、地方、組織、外国の大手企業の代表や専門家ら合わせて500人あまりが参加しました。
このシンポジウムは「人工知能とスマート設備を基盤とする情報セキュリティ」をテーマにし、ベトナムで情報セキュリティ分野の最大規模のイベントとなっています。

席上、情報通信省のグエン・タイン・フン副大臣は「情報やサイバーセキュリティを確保するため、国家機関や社会組織は新たな技術や情報セキュリティシステムに関する情報をアップデートし、サイバー攻撃の防止を目指す必要があると強調しました。

一方、シンポジウムでベトナムの情報セキュリティ状況に関する報告や、利用者の情報セキュリティの確保に関するグーグルやアマゾンなどの大手企業の報告が行なわれました。
ソース:VOV