02/11/2021 11:01 GMT+7 Email Print Like 0

年初10か月のFDI、昨年同期比1.1%増

計画投資省によりますと、年初10か月、ベトナムへのFDI=外国直接投資総額は237億ドルに達し、昨年同期と比べて1.1%増となりました。
これはベトナムが引き続き安全で魅力的な投資先であることの証です。ベトナムへ投資している世界97の国と地域の中で、67億ドルを投資しているシンガポールはトップに立っており、韓国、日本がそれに次いでいます。
海外投資局によりますと、国内で新型コロナウイルス感染症が抑制されているので、政府は企業の困難を解決するための多くの政策を発布しています。また、多くの企業は生産経営活動を回復しているので、年末までの投資活動が改善される見通しであるとしました。
ソース:VOV