03/01/2020 09:30 GMT+7 Email Print Like 0

市民と企業の発展に有利な条件づくり

2日午前、ハノイで首相の作業グループは会合を行い、2020年~2025年期の生産経営活動に関する手続きや規定の簡素化計画について話し合いました。

会合で、作業グループの責任者である政府官房のマイ・ティエン・ズン長官は「グエン・タン・ズン首相は経営環境の改善の推進にあたる特別作業グループを設立し、閣僚、首相、政府が発行した文書と、経営活動に関する行政手続きコストをそれぞれ20%削減する目標を設定した」と明らかにしました。

また、ズン長官は「これは徹底的な改革であり、企業と社会に利益をもたらし、企業の活動と正当な権利、利益に悪影響を与えることなく、企業を改革の中核にすることが狙いである」と強調しました。
ソース:VOV