29/04/2020 10:30 GMT+7 Email Print Like 0

大会組織委 新型コロナで開・閉会式の演出見直し議論へ

(VOVWORLD) - 新型コロナウイルスの影響で来年に延期された東京オリンピック・パラリンピックについて、大会組織委員会は、経費削減などの観点から大会のハイライトの1つである開会式と閉会式の演出も見直しの議論を進める見通しを示しました。
新型コロナウイルスの影響で、1年後に延期された東京大会について、組織委員会の森会長は、28日掲載された一部の新聞のインタビューで、オリンピックとパラリンピックのそれぞれの開会式と閉会式を統合し、オリンピックの開幕時に総合開会式、パラリンピックの閉幕時に総合閉会式を行う案が式典の演出チームから浮上していることを明かしました。

これについて、組織委員会の広報責任者の高谷正哲スポークスパーソンは報道各社の取材に対し、「ことし予定されていた状況と来年の状況は全く異なる。会長は、開会式の演出も見直しが必要だとして、案の1つを紹介した」と述べ、経費削減などの観点から開会式と閉会式の在り方や演出も見直しの議論が進められる見通しを示しました。

一方、高谷スポークスパーソンは「IOC=国際オリンピック委員会など関係者に伝える前の段階だ。実現するにはさまざまな課題があり、見直しをどう進めていくか、確たるものはない」とも述べました。