18/03/2020 09:07 GMT+7 Email Print Like 0

外国人観光客、公共の場でマスク着用を支持

新型コロナウイルスの感染拡大の予防を目指し、16日から、ベトナム人とベトナムに滞在中の外国人は公共の場でマスク着用を義務付けられることになりました。

外国人観光客のほとんどはこの規定を支持しています。フランス人観光客の一人は次のように話しました。

「マスク着用は必須です。警察官はマスクをつけない人々に着用するよう訴えました。マスク着用は自分と回りの人々の健康保護に役立つと思います。」

この3週間、ハノイに在住しているイギリス人のデービッド・ストーンさんは公共の場でマスク着用を習慣にしています。彼は世界各国で、新型コロナウイルス感染が拡大されている現在、公共の場でマスク着用を義務付けるというベトナム政府の決定は適切であるとの意見を述べました。

「自分が感染者と接触するかどうかが分からないので、マスクをつけた方がいいと思います。ベトナムは安全な観光先で、疫病予防対策も良好に実施されています。毎日、ベトナム政府はマスメディアやSMSなどを通じて、感染症に関する最新情報を提供しています。欧州諸国で市民はウェイブサイトで情報を検索しなければなりません。外国人観光客をはじめ、みんなはマスクをつける必要があると思います。」

他方、観光ガイドを務めるグエン・トゥエット・ニュンさんは空港で観光客を迎える時、彼らに新型コロナウイルス感染症に関する情報、予防対策を手解きする任務があります。

(テープ)

「最初に観光客にマスク着用を訴えます。また、ベトナム政府の規定に応え、観光スポットでマスクをつけ、手洗いをするよう要請しました。我が社は観光客にマスクや手指用アルコール消毒液を提供します。」
ソース:VOV