13/05/2021 11:50 GMT+7 Email Print Like 0

外国人投資家 ベトナムのインフラ整備戦略に印象

(VOVWORLD) - アメリカの経済関連の出版社で通信社のダウ・ジョーンズは先ごろ、金融市場に対するベトナムのインフラ整備戦略を分析する記事を掲載しました。
この記事によりますと、2025年までの4年間、ベトナムはインフラ整備に総額1190億米ドルの投資を行うとともに、GDP国内総生産に対する民間経済セクターの貢献度を現在の42%から2025年をめどに55%にするという公約をしています。これは、外国人投資家にとって魅力的な公約であり、金融市場に前向きな兆しを作り出しているとしています。
また、外国人投資家はベトナムの不動産市場の展望を楽観視しています。ベトナムでは、一年に8万から9万の新しい世帯が出ているのに対し、市場に供給されている新たな一世帯分の区画は6万から7万軒に過ぎないので、これは不動産分野に携わる投資家にとって大きなチャンスであるとしています。

この記事は、こうした前向きな兆しにより、アメリカの投資家がベトナムに戻る理由は十分にあると強調しました。