29/01/2021 10:00 GMT+7 Email Print Like 0

外国の外交官ら、第13回覚大会を高評

この間、各国や国際組織の代表らはハノイで開催中のベトナムの第13回党大会に注目し、この大会が将来におけるべトナムの発展、進歩、第栄に重要な貢献をしていくとの確信を表明しています。
在べトナムモロッコ大使館のJamale Choualbi大使はベトナム共産党第13回全国代表大会の準備作業を高く評価するとともに、「2020中、国難が山積しましたが、ベトナムはあらゆる困難や試練を乗り越え、重要な成果を収め、国際社会の高評を得た」と強調しました。また、ベトナムは新興国としての重要な地位を確立し、アジア・太平洋地域のいくつかの大国との戦略的パートナー関係を結んでいるとしています。他方、在ベトナムイスワエル大使館のNadav Eshcar大使はこの5年間におけるベトナムの経済社会分野の成果について触れ、この20年間、ベトナムは安定的な成長を維持し、国際社会における地位を高めている。また、ASEAN議長国や国連安全保障理事会非常任理事国としての役割を完遂し、国際社会の責任感あるメンバーとしてい活躍していると強調しました。
こうした中、ベトナム武術ボピナム・アルジェリア連盟のDjouadj Mohamed会長は「ベトナムの第13回党大会がベトナムの今後の発展方向を定め、前向きな成果を収めたうえで、国の発展、進歩、繁栄に貢献する」と強調しました。
ソース:VOV