02/02/2018 09:18 GMT+7 Email Print Like 0

外務省、ベトナム駐在外交団と懇親

ベトナムの伝統的お正月テトにあたり、1月31日夜、ベトナム外務省は ハノイ市人民委員会と協力して、ベトナム駐在外交団と懇親しました。

懇親会にはファム・ビン・ミン副首相兼外相、ハノイ市の指導者、ハノイ駐在世界各国の外交団と国際諸組織の代表多数が出席しました。

懇親会で、ミン副首相兼外相は、ベトナムが昨年、経済、社会、外交などの分野で達成した成果を振り返り、「これらの成果には世界友人の効果的な協力と支援を抜きにして語ることはできない」と強調しました。

ミン副首相兼外相は次のように語りました。

(テープ)

「皆様は地域と世界のより素晴らしい未来を形成するため、私たちと共に歩んでいます。皆様の支持と協力はベトナムが国際関係の深化、2020~2021年期の国連安全保障理事会非常任理事国入り、及び、2017~2021年期のユネスコ執行理事会理事国入りなどの重い任務を遂行することにとって、欠かせないものです。」

このように語ったミン副首相兼外相は「2018年に入り、ベトナムは独立、自主、平和、協力、発展という全方位外交政策を終始一貫して実施すると共に、国際社会へ積極的に参入し、地域と世界の試練の解決にさらに参加する」と明らかにしました。
ソース:VOV