20/06/2021 23:37 GMT+7 Email Print Like 0

外交部門 国家・民族の利益のために努力すべき

19日、ハノイで、ファム・ミン・チン首相は外務省との会合を行い、第13回党大会決議に従って対外政策の展開について協議しました。 ​ 席上、チン首相は、これまで外務省は党と国家に対外問題に関し適切で効果的なアドバイスをし、祖国建設防衛事業に重要な貢献をしてきたと評価しました。また、外務省は政治外交、経済外交、文化外交、対外向け報道、及び国外在住ベトナム人の保護活動を全面的かつ創造的に展開してきたとしています。 チン首相によりますと、今後も国際情勢が政治・経済・安全保障の面で迅速かつ複雑に推移することから外交部門は平和で安定的な環境づくりと維持で先頭に立ち、あらゆるリソースを活用して国の地位と威信の向上に貢献する必要があります。これらの目標を達成するため、外務省は二国間、多国間外交、経済・文化外交、対外向け報道を推進するとともに国外在住ベトナム人の保護に力を尽くさなければならないと訴えています。 ソース:VOV