29/08/2021 20:36 GMT+7 Email Print Like 0

外交部門設立76周年を記念

8月28日のベトナム外交部門設立76周年記念日にあたり、ブイ・タイン・ソン外務大臣は「ベトナム外交:抗戦、建国の外交から国のための全面的、近代的な外交へ」をタイトルとした記事を執筆しました。 記事は「この76年間、共産党の指導の下、ベトナムの平和で親善な外交伝統と外交に関するホーチミン主席の思想を継承して、ベトナム外交部門は国の革命事業に大きく貢献してきた」と明らかにしました。 また、かつての民族の独立を勝ち取るための闘争において、外交部門は戦略的な部門として位置付けられ、世界における社会主義国と平和愛好者の大きな支持を得て、民族独立のための闘争の勝利に大きく貢献してきました。 現在のドイモイ(刷新)事業と国際社会への参入事業において、外交部門は平和構築と祖国防衛、および、国の発展のため、国外から力の動員と国際社会におけるベトナムの地位の向上に先駆けています。特に、国内外で、新型コロナウイルス感染症が蔓延してから、外交部門は関連各部門や機関と協力して、『医療外交』や『ワクチン外交』を展開し、全国民と力を合わせて、新型コロナ禍との闘いに積極的に参加してきました。 現在、外交部門の最も重要な任務は国家の利益を確保するため、外交活動を主体的、かつ、積極的に実施し、国際社会へ全面的、かつ、広範に参入し、平和と安定した政治の維持における外交部門の重要な役割を発揮しながら、国外からの力を動員するということです。 ソース:VOV