15/03/2019 09:27 GMT+7 Email Print Like 0

在ベトナム欧州企業協会 白書を発行

14日、ハノイで、ユーロチャム=在ベトナム欧州企業協会は、白書を公表しました。同協会が白書を出版するのは今年が11回目です。
2019年の白書は、ベトナムとEUの自由貿易協定と第4次産業革命はこれからのベトナムの経済発展を保障するものであると明らかにしました。また、欧州からの投資を誘致し、ベトナム経済の競争力を高めるための措置などを提案しました。

公表式典で、ユーロチャムのニコラス・アウディエ会長は次のように語りました。

(テープ)

「2019年の白書を出版することを通じて、ベトナム政府は、改革事業をより精力的に促進させるものと、私たちは期待しております。今年の白書には、16の小委員会からの提案が記載されています。白書は、ユーロチャムの経験をベトナムと分かち合い、それを通じて、ベトナムのすべての潜在力を最大限に発揮し、欧州企業の最高の目的地になることを目指しています。」

一方、ベトナム外務省のブイ・タイン・ソン次官は、白書で述べられている欧州委業の提案を歓迎し、次のように語りました。

(テープ)

「ベトナム政府は、白書で多くの提案を出して頂いたユーロチャムの努力を歓迎します。ベトナム政府は、ユーロチャムに加盟しているメンバーの成功はベトナムの成功でもあると確信し、投資環境の改善及びベトナムとEUとの関係の強化を目指しています。」

式典で、ベトナム政府の代表は、ベトナムの税制度や税関、医療部門などに関する欧州企業の質問に答えました。
ソース:VOV