31/03/2018 08:13 GMT+7 Email Print Like 0

国際観光見本市2018始まる

29日、ハノイで、「オンライン観光、第4次産業革命を目指すベトナム観光」をテーマにした国際観光見本市2018が4月1日までの日程で開幕しました。

今年のこのイベントには、日本や、フランス、韓国、ドイツ、イギリス、オーストラリアなど国内外の企業合わせて700社が参加しています。

開会式で発言にたった観光発展指導委員会委員長を務めるブ・ドゥク・ダム副首相は、「ベトナム政府は観光を先端経済部門に発展させる方針であり、各国と共に観光発展に力を入れている」と再確認しました。

その上で、全国民に対し、持続的な観光発展のために力を合わせるよう呼びかけました。ダム氏は次のように語りました。

(テープ)

「各レベルの行政府が旅行会社の困難解決や、親しみやすい観光環境づくりのために努力していることを高く評価します。この見本市を通じて、観光発展事業へのIT情報技術の導入が強化されていくことを望んでいます。」

開催期間中、各地方の観光振興活動や、ツアーガイド育成のためのIT応用に関するセミナーなどが行われます。
ソース:VOV