16/06/2018 13:33 GMT+7 Email Print Like 0

国際献血者デーを記念する活動

この数日、国内各地で、6月14の「国際献血者デー」を記念する様々な活動が行われています。 14日、ハノイの自発的献血運動指導委員会は献血運動に積極的に参加した個人と家族を表彰する式典を行いました。また、「2018年夏の献血デー」を行いました。これには市内の青年多数が参加し、150リットルの血液を献血しました。 一方、同日、中部港湾都市ダナンで、300人の若者が献血運動に参加しました。ダナン市は、今年、100回にわたり献血運動を行い、9000リットルの血液を集める計画です。市民の1人は次のように話しています。 「献血は各病院で治療を受ける患者を支援する人道的な行動ですね。私自身も参加しました。また、他の青年にも働きかけています。」 他方、13日夜、最南端のカマウ省で、「赤い旅2018」献血運動や、献血者を表彰する式典、献血デー2018が行われました。なお、「赤い旅2018」が6月14日から7月15日まで行われ、少なくとも7500リットルの血液を集める目標を掲げています。 ソース:VOV