18/08/2018 13:02 GMT+7 Email Print Like 0

国際会議を通じて、ハイテク製品の商品化を図る

ホーチミン市は新資材、「微小な電気機械システム」という意味の英語のMEMS=メムスの設計と製造、ロボットと人工知能などの分野における3つの国際会議を開催します。

ホーチミン市は研究開発、商品化、ハイテク生産との連携を促進するため、ハイテクに関する3つの会議を開催します。これは15日、ホーチミン市のハイテクパーク管理委員会が公表した情報です。

これによりますと、ホーチミン市は新資材、「微小な電気機械システム」という意味の英語のMEMS=メムスの設計と製造、ロボットと人工知能などの分野における3つの国際会議を開催します。これを通じて、ハイテクの研究、応用分野における各大学や研究所と企業との協力関係を強化することが図られます。

具体的には8月31日に、ナノテクノロジーと新資材の応用会議が予定されています。そして、9月28日に、メムス・フォーラムが、11月16日と17日の両日、「ロボットと人工知能」をテーマとしたホーチミン市のハイテクの年次国際会議が開催されます。
 ソース:VOV