16/04/2020 10:19 GMT+7 Email Print Like 0

国際世論、ASEAN、及びASEAN+3特別首脳会議を高く評価

(VOVWORLD) - リム・ジョクホイASEAN事務総長は14日、新型コロナウイルス対応に関するASEAN特別首脳会議とASEAN+3特別首脳会議がASEANの団結を示すものであるとし、ベトナムはASEAN議長国として新型コロナへの対応で指導力を示し、けん引役を果たしていることを高く評価しました。
14日、日本の茂木・敏充外務大臣は「東南アジア地域で新型コロナウイルス感染が急拡大している中で、行われた日本、中国、韓国とASEAN加盟10カ国の指導者によるASEAN+3特別首脳会議が重要な意義があった」と強調するとともに、このパンデミックにより、一連の会議が中止となったが、ベトナムは東南アジア諸国とパートナー国との結合を強化するため、テレビ会議を開催したこと、地域諸国と情報交換をし、行動を協調したことを高く評価しました。

一方、ASEAN+3特別首脳会議の意義や中国とベトナムを含むASEAN諸国との新型コロナウイルス対応での協力に関し、中国の新華社通信ベトナム支局の元局長である凌德权さんはインタビューに応えた際、「ベトナムはASEAN2020議長国としてASEAN+3特別首脳会議の開催や前向きな成果の達成で重要な役割を果たした。中国と国際社会はこれを高く評価すると」強調しました。

他方、リム・ジョクホイASEAN事務総長は14日、新型コロナウイルス対応に関するASEAN特別首脳会議とASEAN+3特別首脳会議がASEANの団結を示すものであるとし、ベトナムはASEAN議長国として新型コロナへの対応で指導力を示し、けん引役を果たしていることを高く評価しました。