17/12/2021 12:03 GMT+7 Email Print Like 0

国連安保理 南スーダン問題担当委員長としてベトナムの貢献を評価

ニューヨーク時間の15日、国連安全保障理事会は定例会議を開き、南スーダンの情勢と、UNMISS=国連南スーダン共和国ミッションの活動について協議しました。
国連安保理 南スーダン問題担当委員長としてベトナムの貢献を評価 - ảnh 1ファム・ハイ・アイン国連大使代理
会議で、ベトナムのファム・ハイ・アイン国連大使代理は、ベトナムが国連安保理の南スーダン問題担当委員会の委員長を務めた際、関連各国の大きな支援を受けたと述べ、今年南スーダンの情勢が前向きに改善されていることを歓迎しました。また、関係各側に対し、引き続き2018年の和平合意を完全に履行し、2023年に総選挙に必要な環境を構築するよう訴えました。

一方、安保理の理事各国は、この2年間南スーダン問題担当委員会の委員長を務めたベトナムの大きな貢献を評価しました。
なお、南スーダン問題担当委員会の委員長としてベトナムは5回にわたって安保理の会議を主宰した他、南スーダンへの安保理の訪問団を行いました。
ソース:VOV