06/12/2020 17:20 GMT+7 Email Print Like 0

国家銀行、市民・企業に有利な条件

5日、国家銀行の2011年~2020年期の国家行政改革の実施状況を総括し、2021年~2030年期の方向を定める会議が行われました。
席上、政府の行政改革指導委員会委員長を務めるチュオン・ホア・ビン副首相は発言に立ち、「国家銀行は行政手続き改革や投資経営条件の簡素化で先頭に立っている」ことを評価するとともに、国家銀行の指導部に対し、今後、行政改革の指導・運営を推進し、これを2025年までのベトナム銀行部門の発展戦略と2030年までのビジョンに盛り込まれた目標を達成するための原動力として見なすよう要請しました。
また、国際基準を合致するような政策、メカニズムの充実や銀行に関する法律システムの現代化を進め、銀行活動と通貨に対する国家管理の要求に応える必要があるとしています。
ソース:VOV