10/07/2020 09:20 GMT+7 Email Print Like 0

国家財政金融政策諮問評議会会議

(VOVWORLD) - ベトナムは基本的に疫病を抑制していますが、疫病予防対策を進めながら経済回復に力を入れるという二重任務の遂行は今後の優先課題とみられています。

9日午前、政府本部で、国家財政金融政策諮問評議会議長を務めるグエン・スアン・フック首相の主宰のもと、同評議会の会議が行われ、年初からの状況を点検し、今後の任務を定めました。

その冒頭で、フック首相は、「全世界で、新型コロナウイルスによるパンデミックが複雑に推移している中で、ベトナムは基本的に疫病を抑制しているが、疫病予防対策を進めながら経済回復に力を入れるという二重任務の遂行は今後の優先課題である」と確認しました。

フック首相は、豚肉の価格高騰や、原油価格の落下などの問題を取り上げ、マクロ経済の安定維持の重要性を強調したうえで、CPI=消費者物価指数の増加率を4%以下に抑える決意を再確認しました。また、評議会のメンバーらに対し、体制完備や、生産経営活動の促進、デジタル経済開発、新たな経営モデルの開発などに関する方策を提案するよう求めました。